宿泊予約

税 込5,880~円/名

MENU

宿泊予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

086-446-0110

プライバシーポリシー・宿泊約款

PRIVACYPOLICY

ホテルナンカイ倉敷
個人情報保護方針

ホテルナンカイ倉敷は、お客様の個人情報の重要性を認識し大切に扱うとともに、よりよい商品・サービスを提供させていただくため、以下の取り組みを推進し、責任を持ってお客様の個人情報を保護いたします。

第1条

  • 1. 当ホテルの宿泊に関する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めない事項については法令または一般に確立された習慣によるものとします。
  • 2. 当ホテルが前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令及び習慣に反しない範囲で特約に応じたときはその特約を優先するものとします。
    (宿泊契約の申込み)

第2条

1. 当ホテルに宿泊契約を申し込みをする者は、次の事項を当ホテルに申し出ていただきます。

  • (1) 宿泊者名
  • (2) 宿泊日及び到着予定時刻
  • (3) 車両の有無
  • (4) その他当ホテルが必要と認める事項

2. 宿泊客が、宿泊中に第2条(2)の宿泊日を超えて宿泊継続を申し入れた場合、当ホテルはその申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとして処理します。
(宿泊契約締結の拒絶)

第3条

当ホテルは次の場合には、宿泊の引き受けをお断りすることがあります。

  • (1) 宿泊の申込みがこの約款によらないものであるとき。
  • (2) 満室により客室に余裕がないとき。
  • (3) 宿泊しようとする者が宿泊に関し、法令の規定または公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき。
  • (4) 宿泊しようとする者が伝染病(コロナ感染)であることが明らかに認められるとき。
  • (5) 宿泊しようとする者が「暴力団員による不当な行為の防止法などに関する法律」による暴力団員及びその構成員並びにその関係者であると認められた時。
  • (6) 宿泊しようとする者が暴力団体または暴力団体が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき。
  • (7) 宿泊しようとする者が、法人でその役員のうち暴力団員に該当する者がいるとき。
  • (8) 宿泊をしようとする者が宿泊に関してまたは当ホテル内で暴力、脅迫、恐喝、不当な要求、賭博行為、使用禁止薬物の所持もしくは使用、他のお客様に著しく迷惑を及ぼす行為、その他法令公序良俗に反する行為をする恐れがあるとき。
  • (9) 宿泊に関し、一般常識を超える負担を求められたとき。
  • (10) 宿泊しようとする者が、他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす恐れがあるとき
  • (11) 宿泊しようとする者が、当ホテル従業員による業務遂行に対して支障を及ぼす言動をしたとき。
  • (12) レストランに於いて、泥酔し従業員の仕事に支障が起きると認められたとき。
  • (13) 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させる事ができないとき
  • (14) 宿泊しようとする者が、危険物(火器、石油類)、体に有害な物質を持ち込む恐れがあるとき。
  • (15) その他正当な理由があるとき。
  • (16) 宿泊履歴に、宿泊代が未払いとなっていることが認められたとき。

(宿泊契約の成立など)

第4条

  • 1. 宿泊契約は、当ホテルが前条の申し込みを承諾したときに成立するものとします。
  • 2. 当ホテルは、宿泊契約が成立したときに、宿泊期間(3日を超えるときは3日間)の宿泊料金を限度として当ホテルが定める予約金を当ホテルが指定する日までに、お支払いいただきます。
  • 3. 前項の予約金は、第5条の定める場合に該当するときは、同条の違約金に充当し残額があれば返額します。

(宿泊者による宿泊契約の解除)

第5条

  • 1. 当ホテルは、宿泊予約申込者が、宿泊予約の全部または一部を解除したときは、次の通り違約金を申し受けます。
    (1)一般客
    イ. 宿泊日の前日解除の場合・・宿泊者1人につき、その宿泊代1日目の宿泊料金の20%
    ロ. 宿泊日の当日解除の場合・・宿泊者1人につき、その宿泊代1日目の宿泊料金の80%
  • 2. 当ホテルは、宿泊者が事前の連絡なく宿泊日の午後9時(あらかじめ到着時刻が明示されている場合は2時間をを経過しても到着しないときは、申込者により宿泊契約が解除されたものとみなし、処理することがあります。
  • 3. 前項の規定による解除の場合において、宿泊者が連絡をせずに到着しなかったことが、列車、航空機、船舶など公共交通機関の不着または遅延その他、宿泊者の責めに期さない理由によることが証明されたときは第1項の違約金はいただきません。

(当ホテルによる契約解除)

第6条

  • 1. 当ホテルは、次の場合には宿泊契約を解除することができます。
    (1)第3条の(3)~(16)に該当したとき。
    (2) 寝室での寝たばこ、消防設備などに対するいたずら、当ホテルが定める利用規約の禁止事項に従わないとき。
    (3) 宿泊者以外のものを客室に入れたとき。
    (4) 第4条の予約金のお支払いを請求した場合において、期限までにそのお支払いがないとき。
    (5) 当ホテルの利用規則に従わないとき。
  • 2. 当ホテルが前項の規定に基づいて契約を解除したときは、宿泊者がいまだ提供受けていない宿泊サービスなどの料金は頂きません。
    (宿泊の登録)

第7条

  • 1. 宿泊者は宿泊当日に、当ホテルのフロントにおいて次の事項において登録してください。
    (1) 宿泊者の氏名、性別、職業および住所。
    (2) 日本国内に住所登録のない外国人にあっては、国籍、旅行番号、入国地及び入国年月日
    (3) 予定出発日時。
    (4) その他当ホテルが必要と認める事項。

(チェックアウト時間)

第8条

  • 1. 宿泊者が、当ホテルの客室をお空け頂く時刻(チェックアウト時間)は、午前10時とします。
  • 2. 当ホテルは、前項の規定にかかわらず、チェックアウト時間を超えて客室の使用に応じる場合があります。この場合には、次に掲げる通りの追加料金を申し受けます。
    (1) 午後12時まで・・・1000円
    (2) 午後12時~午後3時まで・・・2000円
    (3) 午後3時以降・・・客室料金の100%

(営業時間)

第9条

  • 1. フロント営業時間
    (1) 門限なし(24時間)
    (2) 前項の時間は、必要な場合には変更することがあります。その場合には事前にお知らせします。
  • 2. レストラン営業時間
    (1) 朝食・・・6:20~9:00
    (2) 夕食・・・17:30~22:00(ラストオーダー21:30)
    (3) 年末年始は休業します。その場合には事前にお知らせします。

(料金の支払い)

第10条

  • 1. 宿泊者が支払うべき宿泊料金の内訳及びその算定方法は下記の表に掲げるところによります。
  • 2. 前項の宿泊料金などの支払いは、現金または当ホテルが認めたクレジットカードなどこれに代わり得る方法により、宿泊者の到着の際、フロントにおいて支払っていただきます。
  • 3. 当ホテルが宿泊者に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊者が宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。
項目 内訳
宿泊者が支払うべき総額 宿泊料金 室料
追加料金 飲食代およびその他の利用料金
税金 消費税
宿泊者が支払うべき総額
宿泊料金 室料
追加料金 飲食代およびその他の利用料金
税金 消費税

(利用規則の順守)

第11条

1. 宿泊者は、当ホテル内においては、当ホテルが定めている利用規則に従っていただきます。
(当ホテルの責任)

第12条

1. 当ホテルは、宿泊契約及びこれに関連する履行にあたり、またはそれらの不履行により宿泊者に損害を与えたときは、その損害を賠償します。但しそれが当ホテルの責めに帰するべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
(寄託物などの取り扱い)

第13条

  • 1. 宿泊者が、フロントにお預けになった物品(現金、貴重品を含む)について、減失、毀損などの損害が生じたときは、それが不可抗力である場合を除き、当ホテルは、5万円を限度として、その損害を賠償します。ただし、現金及び貴重品については、宿泊者がその種類および価額の明告をお行った場合も同様とします。
  • 2. 宿泊者が当ホテル内にお持ち込みになった物品のうち、フロントにお預けにならなかったものについては、当ホテルに故意または重大の過失がない限り、その減失、毀損などの損害が生じても当ホテルは責任は負いません。
    (駐車場の責任)

第14条

1. 宿泊者が当ホテルの駐車場をご利用になる場合、車両のキーの寄託の如何にかかわらず、当ホテルは場所をお貸しするものであって、駐車の際の車両の誘導、並びに車両管理責任まで負うものではありません。ただし、駐車場の管理にあたり、当ホテルの故意または過失によって損害を与えたときは、その賠償の責めに応じます。
(宿泊者の責任)

第15条

1. 宿泊者の故意または過失により当ホテルが損害を被ったときは、当該宿泊者に対し、その賠償を請求できるものとします。

ご利用規則

  • ・本規則は宿泊手続きを行った時点からすべてのお客様に適用されます。
  • ・お客様は宿泊手続きを行うことにより、ホテルの利用規則に同意いたものとみなされます。
  • ・宿泊者が利用規則のいづれかを遵守しなかった場合、ホテルは対象者に対して退去を求めざるを得なくなります。またこの場合に、ホテルは賠償金を支払いません。

ホテルの公共性と安全性を維持するため、当ホテルのご利用のお客様には宿泊約款第10条に基づき、下記の規則をお守りいただけないときには、宿泊約款第6条によりご宿泊の継続をお断りさせていただきます。

  • (1) 客室や1階フロアーを事務所など宿泊以外の目的で使用しないこと。
  • (2) みだりの外来者を客室内に引き入れたり、客室内の諸設備、諸物品などを使用させたりなさらないこと。
  • (3) 館内で暖房用、炊事用、プレス用など火器及びアイロンなどをご使用ならないこと。但し、ホテル備え付けの器具は除きます。
  • (4) 館内での喫煙は「受動喫煙防止の対策」として指定の場所以外での喫煙を禁止します。喫煙が許された場所においても火災の原因となりやすい場所では喫煙はなさらないこと。(ベットの中など)
  • (5)館内では高声放歌や喧騒な行為、その他、他人に嫌悪感を与えたり、迷惑をかけたりなさらないこと。
  • (6)館内客室に次のようなものをお持ち込みにならないこと。
    (イ) 動物、爬虫類、鳥類など。
    (ロ) 悪臭を発するもの。
    (ハ) 著しく多量な物品。
    (ニ) 火薬や揮発油など発火あるいは引火しやすいもの。
    (ホ) 適法に所持を許可されていない鉄砲、刃剣類、薬物など。
    (ヘ) その他、他のお客様の安全性または快適性を損なう可能性があるとホテルが認めたもの。
  • (7) 館内及び客室内で賭博および風紀を乱すような行為をなさらないこと。
  • (8) 館内及び客室内の諸設備、諸物品をその目的以外の用途に使用なさらないこと。
  • (9) 館内の諸物品をホテルの外へ持ち出したり、ホテル内の他の場所に移動したりなさらないこと。
  • (10) ホテルの建築物や諸設備に異物を取り付けたり、現状を変更するようなことをなさらないこと。
  • (11) 館内でお客様に対して広告物の配布、物品の販売、寄付や署名などの行為をなさらないこと
  • (12) 1Fフロアー、廊下、洗濯機などにその他の所持品を放置なさらないこと。
  • (13) ご宿泊日数を変更なさる場合は、前もってフロントにご連絡ください。
  • (14) ご宿泊日数を延長される場合は、延長にかかる延長料金を申し込み時にお支払い下さい。
  • (15) お預かりした物やお忘れ物の保管は、ご出発後6か月までとさせていただきます。
  • (16) 当ホテル駐車場をご利用の際、駐車場の車の事故(破損、盗難など)当ホテルは一切の責任は負いません。
  • (18) 次に掲げる組織、個人については、当ホテル内施設のご利用をお断りします。
    (イ) 「暴力団員による不当な行為の防止法などに関する法律」による暴力団員及びその構成員 並びにその関係者であると認められたとき。
    (ロ) 暴力団または暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体と認められたとき。
    (ハ) 法人または団体でその役員に暴力団員に該当する者がいると認められたとき。
  • (19) 刺青やタトゥーのある方は、客室以外では他のお客様に見えないようにしてください。
  • (20) 泥酔した状態でのレストランのご利用はご遠慮ください。
  • (21) 従業員に対し、氏名、連絡先などは聞かないようにしてください。